赤ら顔化粧水の選び方

 

赤ら顔を治したいと思ってもどの化粧水を使えば良いのか悩んでしまうものです。
顔が赤い原因は毛細血管の色が関係をしているのですが、悩んでいる人が多いだけあって、様々な化粧水が販売されています。

 

そのため、安くて効果のあるのがどれか分からないって人は多いです。

 

選び方のポイントとしては3つあります。

 

  1. 低刺激の化粧水
  2. バリア機能を高める成分配合(セラミド・ヒアルロン酸)
  3. 浸透力の高い成分が配合

 

別名、毛細血管拡張症と呼ばれますが、顔が赤色になってしまうのは毛細血管が大きくなってしまったからです。

 

肌のバリア機能が低下をしている状態で刺激を与えることで、毛細血管が反応をして拡張をしてしまいます。
その色が透けてしまい顔の色が変化をしてしまいます。

 

そのため、赤ら顔を改善するスキンケアとしてはバリア機能を高める成分のセラミドが配合されており、特に浸透力に優れたものを利用すると良いです。
また、刺激は血管を反応させる原因にもなるので、低刺激の成分によって作られたのを利用すると良いです。

 

赤ら顔の改善に化粧水を使う人が多いのは化粧品の中でも液状になってるので粒子が小さく浸透力が高いからなのですね。

 

赤ら顔化粧水ランキング

ウルウ(ULU)シェイクモイストミルク

ウルウ

敏感肌の人でも使えるように特に低刺激にこだわって作られています。

 

最大の特徴としては浸透型のセラミドが配合されていることです。浸透力の高いマイナスイオン水に保湿成分を溶かすことで角質層の置くまでしっかりと届くようになっています。

 

また、オールインワン美容液となっている為、乳液などの他のスキンケアの役割もこれウルウひとつで行えます。
そのため、長い間人気となっている化粧品です。

 

敏感肌の人や安くて効果があると評判の赤ら顔化粧水が欲しいって人におすすめです。
3600円

 

白漢しろ彩

白漢しろ彩

 

しろ彩の特徴は浸透力のある成分です。

 

浸透力の高いビタミンC誘導体を配合し、多層浸透型バリアテクノロジーによって肌と同じ構造にしています。油、水の繰り返しになる肌と同じ構造にすることで浸透力を上げることができるようになっているのですね。

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸と2つの保湿成分を配合することで低下しているバリア機能を正常にする効果が期待できます。

 

浸透力、保湿力にこだわっており、乾燥肌の人におすすめの化粧水です。

 

べルブラン

べルブラン

べルブランはニキビ染み用の美容液となっています。

 

ニキビを予防する効果のある化粧水で繰り返すニキビで顔全体が赤いって人の為に作られました。毛細血管が拡張することによって色を変化させる赤ら顔とは違い、ニキビによる変化の場合は繰り返す刺激によってメラニンが分泌されてしまいます。

 

メラニンが肌に色素沈着をすることで肌の色を変化させてしまうので、医薬部外品成分であるトラキネム酸が配合されています。
トラキネム酸は美白成分となっており、メラニンの生成を抑制し、色素沈着を防ぐ効果が期待できます。

 

ニキビによる赤ら顔を治したいって人におすすめの化粧水です。

 

おすすめの化粧水はどれ?

 

おすすめの赤ら顔化粧水としては正直な話、特定のものはありません。
どれが一番優れていたり、効果があったりするような話はありません。

 

上記のランキングで解説しているのに関してはどれも口コミでは評判も良いですが、悪い口コミも少なからずあります。
人にもよって肌質なども異なってくるので、どれが一番良いかは異なってくるのですね。

 

そのため、おすすめの化粧水としてはあなたの肌の状況によって異なってきます。

 

敏感肌の人であれば『ウルウ』
乾燥肌の人であれば『しろ彩』
ニキビによる赤ら顔であれば『メルブラン』

 

のようにどの肌質や顔が赤い原因によっておすすめのは変わります。

 

薬局やドラッグストアで市販されている化粧水はある?

 

化粧水を購入しようとするときにまず、薬局やドラッグストアを思い浮かべる人も多いと思います。
わたしも家の近くにマツモトキヨシがあるので、薬や化粧品の購入はいつも出向いています。

 

しかし、赤ら顔用の化粧水に関しては販売がされていないことがほとんどです。
ニキビによる赤ら顔であれば漢方などで利用できるのが市販されています。

 

しかし、肌への刺激が原因で毛細血管が拡張しているような赤ら顔用の化粧水ってのは市販されているので見つけることができないです。

 

最近では価格を安く抑える為などの理由から多くの化粧品が通販限定での販売となっており、上記のランキングに掲載されているような人気のも市販されておらず、通販限定での販売となっています。

 

ニキビが原因による赤ら顔の人のスキンケア

 

ニキビを発症したのが原因の赤ら顔に関しては皮脂を分泌する皮脂腺が発達している部分を囲むように色が変化をしやすいのが特徴です。

 

アクネ菌が繁殖をすることによってニキビができますが、肌が炎症をすることとなります。そのため、うっ血を引き起こすので血の色である赤い頬へとなります。それもニキビは繰り返すことが多いために同じ用に赤ら顔も繰り返しやすいです。

 

そのため、ニキビをまずは治すのが最優先となります。
ただ、ここでスキンケアを行う上で気おつけなければいけないことがあります。

 

それが刺激です。

 

刺激を与えることによって毛細血管が拡張をしてしまうので赤ら顔の症状もひどくなってしまうこととなります。
できるだけ低刺激となっている化粧水を利用するようにしましょう。

 

安い赤ら顔用化粧水が欲しいって人の選び方

 

赤ら顔を治したいって人の中でも安い化粧水が良いって人も多いと思います。
おすすめはできるだけ赤ら顔用に成分を考えて作られたのではあります。

 

しかし、安い化粧水でも3,000円程度はするので今月は出費が厳しいって人や10代の学生となるとお小遣いではどうにもならないって人もいるかと思います。

 

そうであれば、できるけど安い化粧水の中でもセラミドが配合されているのを利用すると良いです。
また、できるだけ肌に刺激を与えないように低刺激の洗顔石鹸を使うなどの対策をしましょう。

 

赤ら顔の原因はバリア機能が低下した肌への刺激によって血管が拡張をすることです。

 

人気のだと多少高くても本気で改善したいって人も多く、効果があったと評判の化粧水は安くても3,000円程度はすることが多いです。
しかし、その金額がどうしても出せない事情があるのであれば、セラミド配合をポイントに化粧水を選ぶのがおすすめです。

 

アルコールにより赤ら顔になる原因

 

男性の方でお酒などの飲み会の席でアルコールを飲むと赤ら顔になってしまうのが嫌だって人も多いです。

 

その原因も最初に紹介したような顔が赤い原因と同じです。
ただ、血管が拡張する原因が異なるだけの違いでしかありません。

 

アルコールを飲むことによって体内の血管が拡張をします。
そのため、肌の奥の血の色が透けて見えてしまいます。

 

ですので赤ら顔となってしまうのですね。
アルコールが原因の人は刺激が関係をしている訳ではありません。

 

そのため、化粧水によるスキンケアを行ったとしてもたいした効果は期待できないので勘違いをしないようにしましょう。