赤ら顔の原因の多くは毛細血管拡張症

 

多くの女性だけでなく、男性を悩まされるのが赤ら顔です。

 

顔が赤くなってしまうので、恥ずかしいと感じる人は多いはずです。
この顔が赤くなってしまう赤ら顔の原因として多いのが毛細血管拡張症と呼ばれるものです。

 

緊張や相手にドキドキすると顔が赤くなる原因と呼ばれますが、必ずしもそうではありません。
血管によって顔が赤くなってしまうことがあるのですね。

 

ここでは赤ら顔の原因である毛細血管拡張症について解説をしていきます。本気で顔が赤くなるのを治したいと考えるのであれば、原因を解消してケアをしていくことが大事となります。

 

赤ら顔の原因!顔が赤くなる理由

 

毛細血管拡張症によって顔が赤くなってしまう理由は血管や血液の色が見えてしまっているためです。
赤ら顔の原因となる要素は4つあります。

 

  1. 皮膚が薄い
  2. 肌の炎症
  3. アルコールの摂取
  4. 緊張などによる血管の拡張

 

赤ら顔の原因は生まれ付きであったり、緊張がしやすいと勘違いをされやすいですが、そうではありません。

 

確かに遺伝など生まれ付きのものも関係はしています。
ただ、それであきらめてしまう必要はありません。

 

きちんと顔が赤くなってしまう原因があるので、改善をすることができるのですね。

 

皮膚が薄いと顔が赤くなる理由

 

皮膚は表皮・真皮・皮下組織と何層にもなって形勢がされています。

 

この中でも真皮の付近に関しては毛細血管が集中して沢山あります。しかし、表皮や真皮の層が薄ければ、肉眼から透けて薄く見えやすくなってしまいます。

 

その為、皮膚が薄いことで赤ら顔になりやすい特徴があります。

 

ニキビなどによる肌の炎症

 

ニキビが赤ら顔の代表として紹介されることもありますが、根本は肌の炎症によって顔が赤くなります。

 

バリア機能の低下などによってニキビは発症をします。
しかし、その機能が失われることによって、外からの刺激や雑菌を防ぐ力が弱まってしまいます。

 

その為、アクネ菌と呼ばれる菌が繁殖をしてしまうだけでなく、外からの雑菌などによって肌が炎症をします。
炎症をした肌は赤く見えてしまうので、赤ら顔の原因ともなります。

 

毛細血管拡張症の特徴!血管によって顔が赤くなる人の原因

 

毛細血管拡張症である人はちょっとしたことでも、すぐに顔が赤くなってしまうことが多いです。

 

緊張をしたり、皮膚が薄いなどの内面的なことが原因となりますが、それだけではありません。
毛細血管拡張症によって顔が大きくなってしまうのは、血管が一時的に大きく膨れ上がってしまうことです。

 

その為、皮膚が薄いなどのことも要因にはなるのですが、顔が赤く見えるのは血管が拡張してしまうことなのですね。

 

血管が拡張する原因は内面的な問題だけではなく、外からの刺激なども関係をしています。
それが、肌のバリア機能が関係をしています。

 

バリア機能の低下によって刺激から肌を守れないので顔が赤くなりやすい

 

肌の働きにはバリア機能と呼ばれる、外からの刺激から皮膚を守る働きがあります。

 

しかし、この機能が低下をしていることによって、刺激から守ることができません。
その為、皮膚の中にある血管に刺激を加えてしまうことになり、拡張をしてしまう原因となります。

 

毛細血管拡張症によって顔が赤い人は下記の3つが原因となっています。

 

  1. 皮膚が薄い
  2. バリア機能の低下
  3. 食生活が悪いことによる血液の滞留

 

この中でもどうしようもないことが皮膚が薄いことです。皮膚が薄いことに関しては改善をするのが難しいです。l
しかし、バリア機能の低下や食生活に関してはケアや気おつけることで改善をしていくことができます。

 

赤ら顔の原因のまとめ

 

赤ら顔の原因の多くは毛細血管拡張症によって、血の色が透けて見えてしまっていることです。

 

皮膚が薄いのが原因にもなるのですが、それだけではありません。
その為、改善をする方法はあり、あきらめる必要は全くないのですね。

 

食生活の部分の原因に関しては油物やアルコールなどを控えるように心がけるようにしましょう。
そして、バリア機能の低下の部分に関しては日ごろのスキンケアによって解消をしていくことが大切となります。

 

ただ、スキンケアをしているのに肌に刺激を与えてしまうことがあるのが、注意は必要となります。

 

赤ら顔の化粧水の選び方や人気の物については下記で解説をしているのでご覧ください。
赤ら顔の化粧水おすすめ人気ランキング