本気で赤ら顔を改善したい人向けの漢方の効果や市販薬について

赤ら顔用の漢方を見る女性

 

赤ら顔を改善したいって人の中には漢方を使った方法も人気があります。

 

漢方薬は薬局などで市販がされていますが、西洋薬に比べれば見かける機会は少ないかと思います。ただ、赤ら顔治療に効き目を感じている人もいるので、用いている人はたくさんいます。

 

ここでは赤ら顔に漢方を使って改善する方法について詳しく解説をしていきます。

 

そもそも西洋薬とは何が違うのかにはじまり、赤ら顔への効果やどんな市販薬があるのかについて紹介をしています。

 

本気で改善をしたい人用の解説をさせて頂きます。

 

勘違いをしてはいけないのが漢方を飲んでるだけで改善ができると思わないことです。日々のメイクや化粧水でのスキンケアで刺激のあるのを利用しては意味がありません。また、食生活の改善なども必要となります。

 

漢方薬と薬の違い!そもそも市販薬と違いはある?

漢方と薬を解説する医者

 

薬は主に西洋にて発達したもので、化学成分を合成して作られています。一方で漢方は植物成分など生薬で作られています。

 

そのため、一般的な薬は特定の症状を改善する為に成分を配合して作られています。しかしながら、漢方となっている成分は植物自体を利用するなどしている為、様々な効果が期待できるように作られているのですね。

 

そして、効果の役割に関しても考え方が異なってきます。

 

薬がそもそもの人体が行っている働きなどを変わりに行うなどの効果が期待できます。一方で漢方は本来のからだの持つ働きを向上させるのを目的とされています。

 

そのため、漢方薬は病気って時ではなく、からだの不調など働きが弱まっている時などに利用をされることが多いです。

 

赤ら顔に漢方の効果!どんな効能が期待できる?

 

赤ら顔の原因として多いのが血管が拡張して血液が滞って透けて見える毛細血管拡張症です。

 

そのため、血の流れを改善することを前提に成分が配合して作られています。また、冷え性やのぼせなどにより、ほてりを改善する為にも清熱剤を併用して処方がされることが多いです。

 

ただ、もちろんのことながら漢方を飲めば治るなんて万能薬ではありません。

 

そのため、原因の解消をする為にも低刺激の化粧水を使ったり、紫外線対策やメイク用の化粧品に関しても低刺激のを使うようにしましょう。その上で血液を滞らせない為にも食生活の改善や運動不足などの生活習慣の改善おwする必要があります。

 

これは市販薬であろうとどんな肌トラブルでも同じですが、何かを飲んだり塗ったりするだけで赤ら顔は簡単に改善できる訳ではありません。

 

薬局やドラッグストアで市販されている漢方薬『桂枝茯苓丸』

ドラッグストアの写真

 

赤ら顔に用いられる漢方としては桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が有名です。

 

駆?血剤(くおけつざい)と知られ、産婦人科で用いられることも多い、三大漢方薬としても知られています。赤ら顔やのぼせや冷え性などの症状をはじめ、頭痛yはめまいなど様々な症状に用いられています。

 

漢方と聞くと漢方専門店でしか販売していないと勘違いをしていますが、それは間違いです。

 

薬局やドラッグストアでも市販がされている医薬品となっています。よく見かける所では『ツムラ』や『クラシエ』が桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の漢方の販売を行っています。

 

ツムラ漢方桂枝茯苓丸料エキス錠A

ツムラの桂枝茯苓丸

 

漢方を専門的に扱う『ツムラ』ではツムラ漢方桂枝茯苓丸料エキス顆粒Aが販売されています。

 

薬と漢方の違いでも紹介したように様々な症状に使われるのが漢方薬です。そのため、冷え性やのぼせや生理痛などにも用いられています。

 

粉タイプの飲み薬となっていて、1日2回の10日分の量である20包みが中に含まれています。価格が2400円となっており、販売している店舗によっては数百円ぐらい安く購入できるはずです。

 

また、24日分の48包となっている漢方も販売がされており、24日分で4300円となっています。
およそ1ヶ月飲み続けると5500円ほどの価格となっています。

 

ツムラ漢方桂枝茯苓丸料エキス錠Aの公式製品ページへ

 

「クラシエ」漢方桂枝茯苓丸料エキス顆粒

クラシエの桂枝茯苓丸

 

薬局やドラッグストアで良く市販されているのを見かけるのがクラシエの桂枝茯苓丸料エキス顆粒です。

 

15歳以上の成人で1回1包を3回服用します。そのため、15日分の容量となっており、価格は2000円となっています。
そのため、1か月使用をしたのであれば、4000円ほどの金額となっています。

 

マツモトキヨシなどのドラッグストアでもよく見かけますし、オンラインストアでも販売がされています。
そのため、比較的入試がしやすい桂枝茯苓丸となっています。

 

「クラシエ」漢方桂枝茯苓丸料エキス顆の公式製品ページへ

 

赤ら顔の漢方の副作用について!服用の際の注意

副作用に苦しむ女性

 

赤ら顔に用いられる漢方の桂枝茯苓丸は副作用の報告もされています。
上記の2つの販売ページや購入した際の説明書などにも明記がされているはずです。

 

副作用としては下記のことがあります。

 

皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振

 

そのため、少しでも異変を感じたのであればすぐに服用を止め医師に相談をするようにしましょう。クラシエもツムラに共通していますが、妊婦やからだの虚弱の人は副作用する前に医師や薬剤師に相談をするようにしましょう。

 

まとめ

 

赤ら顔に用いる漢方薬は第2類医薬品となっています。
副作用などの症状もあるので使用の際には注意をするようにしましょう。

 

また、漢方を飲むだけで治るとはくれぐれも考えないようにしてください。

 

スキンケアやメイクで刺激のある物を使えば顔は赤くなってしまいます。また、食生活のバランスが悪いと血が滞るようになってしまいます。

 

そのため、漢方を飲みながら原因である食生活の改善と使う化粧品については気をつけるようにしましょう。

 

赤ら顔用の人気の化粧水などに関しては下記で解説をしているので、興味のある方はご覧ください。
赤ら顔の化粧水おすすめ人気ランキング