赤ら顔にピーリングは逆効果なので注意

 

赤ら顔にピーリングをしたら余計に症状が悪化したって人は多いです。
ケミカルピーリングをしたのが原因で顔が赤くなったって人もいます。

 

特にニキビを治したいって人や10代で色々とスキンケアに目覚めた人に多いのが印象です。

 

結論から言うと悪影響になるので行わない方が良いです。

 

すでに行ったのであれば、赤ら顔の原因またはピーリングについて理解をしていない。
または、間違った情報を認識してしまっている可能性が非常に高いです。

 

心辺りがあるのではないでしょうか?

 

ここでは赤ら顔にピーリングが何故悪影響となるのか理由を詳しく解説しています。
きちんと原因を把握していなければ同じ失敗をするだけでなく、治療に逆効果となる方法を試してしまうことも多いです。

 

正しく理解をしていない人はご覧ください。

 

赤ら顔にピーリングで悪化する理由

 

赤ら顔にピーリングをすることによって悪化する理由としては刺激が関係をしています。

 

自宅でも美容皮膚科でも変わりはないのですが、ケミカルピーリングは皮膚の角質をぽろぽろと剥がしてくれる効果に非常に優れてはいます。しかし、肌への刺激を与えてしまうだけでなく、ケア後に関しても刺激に弱い状態にしてしまいます。

 

角質があることによって肌を刺激から守るバリア機能と同じ役割があります。

 

しかし、ピーリングはキレイに除去してしまうため、肌が刺激に敏感となってしまうのですね。赤ら顔になる原因は刺激によって毛細血管が広がってしまうことです。

 

そのため、ピーリングをすることで顔が赤くなってしまうだけでなく、その後も赤くなりやすい状況が続くのですね。

 

ケミカルピーリングは美容に効果的だが副作用もある

 

角質が肌から剥がれずに残ってしまうのは良いことではありません。
ニキビや老人性イボと呼ばれるような様々な肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

 

しかし、完全に除去をしてしまうのは良くないのですね。

 

そもそもの赤ら顔の原因は刺激を与えてしまうことです。たとえ美容効果があったとしても赤ら顔に関しては行ってはいけないのですね。

 

脂性肌のような皮脂の分泌量が多い肌質であれば美容効果にも優れていますし、おすすめをすることはできます。
しかし、赤ら顔に悩まされているような敏感肌や乾燥肌の人にはピーリングは逆効果を引き起こす副作用がおきやすいです。

 

まとめるとケミカルピーリングの副作用は刺激、バリア機能の低下の以上の2つとなります。

 

赤ら顔もニキビも改善に大事なのはスキンケア

 

赤ら顔もニキビによって顔が赤い人も基本はスキンケアです。

 

ストレスをなくす、寝不足をなくす、運動不足の改善なども大事ではあります。しかし、生活環境にもよってすぐに改善ができるようなことではありません。

 

そのため、改善をさせたいのであれば大事なのはスキンケアです。
スキンケアの基本は保湿を行い肌の働きであるターンオーバーを促進させたり、バリア機能が正常に働くようにすることです。

 

赤ら顔の改善をしたいのであればピーリングのような刺激を与えるのではなく、バリア機能によって刺激を軽減するスキンケアを行うようにしましょう。

 

人気の化粧水について知りたい方は下記をご覧ください。
赤ら顔化粧水おすすめランキングへ